ニキビ跡にはレーザー治療!

レーザー治療でニキビを治しましょう。元の綺麗な肌を取り戻しましょう。 - それぞれのレーザー治療の特徴

それぞれのレーザー治療の特徴

レーザー治療には種類があると言われています。
たった一種類の治療ではなく、それぞれに特徴がありますから、レーザー治療を受ける前に、しっかりと事前情報として持っておき、コストやダウンタイムの長さなども考慮して自分が受けられるレーザー治療を受けるようにしましょう。

蒸散タイプのレーザー治療

皮膚の表面をレーザーを使って削るのが蒸散タイプです。
炭酸ガスレーザーやエルビウムヤグレーザーといったものを用います。
肌にこれらのレーザーを照射すると、皮膚組織が蒸散します。
オススメなのは、ニキビ痕のスポット治療。
他にも広範囲蒸散させて皮膚再生させたい場合に有効だと言われています。
硬くなってしまった皮膚組織も取り除くことが出来ますから、効果は高いですが、ダウンタイムは長くなり、3日から1週間は、軟膏などを塗布したり、期間中のメイクや日焼けの制限を受けることも少なくないのです。

フラクショナルタイプのレーザー治療

これは前述とは違い、レーザーの熱エネルギーにより、真皮部分の細胞を凝固させて、皮膚の再生に導くといった治療方法になります。
小さな点々を点在させて打ち込んでいくのがポイントになっていて、これにより治療後のダウンタイムが格段に短くて済むというメリットがあります。
ただし、前述にあるものと同様で、レーザーを照射して熱を加え、真皮部分にダメージを与えていることには変わりありませんから、3日から1週間などの間は、処方された軟膏などを塗布したり、メイクや日焼けの制限をするといったスキンケアが求められることになります。

どんなタイプかによって選択する方法は違う

クレーター型なのか色素沈着タイプなのかによって、選択すべきレーザー治療方法は違っていますから、しっかりと事前に情報を収集したり、信頼の出来る皮膚科医に相談することが効果的です。

関連する記事

Copyright(C)2016 ニキビ跡にはレーザー治療! All Rights Reserved.