ニキビ跡にはレーザー治療!

レーザー治療でニキビを治しましょう。元の綺麗な肌を取り戻しましょう。 - ニキビ跡にはレーザー治療!

ニキビ跡にはレーザー治療!

ニキビ痕が出来てしまうと、美容皮膚科などの専門家の下を訪れて、レーザー治療などの特別な施術を受ける必要が出てきます。
様々な治療方法がありますが、効果が一番高いとされているのが、レーザー治療だと言われています。
ここまでニキビ痕の治療には、レーザーがなぜ効果的だとされているのかについて紹介していきたいと思います。

ニキビ痕はどうして出来てしまうのか

そもそもニキビ痕ってどうして出来てしまうのでしょうか。
白ニキビでも赤ニキビ、黒ニキビや黒ニキビなど、それぞれの段階があるとは思うのですが、潰したりといったようなまずいとされる間違った処置をしてしまっても、綺麗に治るニキビもあれば、そうではなく、ニキビ痕なってしまうケースもあります。
一体どうしてなってしまうのという疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。
ニキビ痕が出来るメカニズム、アクネ菌の炎症が関係してきます。
あの独特の化膿した状態は、アクネ菌と体内の白血球が戦っているために起こります。
このせめぎあいが長くなればなるほどに、毛穴の内部の組織が破壊されるわけです。
更に内部組織のみならず、その周辺組織まで侵食していき、破壊範囲が拡大していくのです。
破壊され尽くしてしまった組織というのは、自然治癒が難しいとされており、コラーゲンが小さく縮まってしまうことでクレーターが出来る。
他にも毛穴が開きっぱなしの状態になってしまうのです。
結果としてこれがニキビ痕という独特のボコボコな肌に見えてしまうわけですね。→毛穴 ニキビ

ケミカルピーリングや塗り薬での治療

htrhts
前述にもある通り、自然治癒が難しいという状況なわけですから、やはり美容皮膚科の下などで専門的な治療が必要になってくるわけです。
そのニキビ痕の治療方法の代表的なものとしては、薬剤を使ったケミカルピーリングや塗り薬によるものがスタンダードだと言われていますが、これは基本的には、肌の表面だけに作用するとされる治療方法になります。
前述のニキビ痕になってしまうメカニズムをご覧になれば分かる通り、ニキビ痕になってしまうほどのにきびの状態というのは、内部組織の破壊とその周辺組織に侵食してしまった状態になっているわけですから、それほどに改善出来る可能性は低いという治療方法といえるのです。
ポイントは真皮層のケアになりますから、表面ばかりではなく、奥側に働きかけるような治療方法を選択しないと効果は実感出来ないと言えるでしょう。

だからこそレーザー治療

表面のみならず、真皮層のダメージを回復させる方法としては、やはりレーザー治療が効果的だと言われているのです。
具体的な方法としては、レーザーによる熱エネルギーを利用して、敢えて意図的に皮膚にダメージを与えることで、ニキビ痕の部分の皮膚が失ってしまっている皮膚本来の再生能力を甦えらせることが出来るわけです。
熱エネルギーを受けた真皮層は、コラーゲンの増産を爆発的に行うようになり、癒着してしまった皮膚組織を正常に生まれ変わらせようとするわけです。
いわゆるレーザーピーリングの一種になりますから、皮膚のターンオーバーを促してくれる効果もあり、結果として美肌を手に入れることも可能ですし、肌トラブルが起こりにくい肌にさせることも可能なのです。
ターンオーバーをさせることにより、ニキビ痕に関しても、炎症によってダメージを受け、使い物にならなくなった細胞を排出してくれますから、元通りの肌に戻すことが出来るわけです。

Copyright(C)2016 ニキビ跡にはレーザー治療! All Rights Reserved.